開発者向けガイド 概要

このサイトは、Trustbind (Multi-factor Authentication) サービスの開発者向けガイドです。

TrustbindはWebサービスにおける従来のパスワード認証を置き換える認証サービスです。パスワード管理を不要とすることで、サイバーセキュリティにおける最も大きなリスクをなくし、最新のUIと洗練された操作性をユーザに提供します。

画面上でTrustbindでログインボタンをクリックするだけで、ユーザの手元のスマートフォン上での簡単な認証プロセスが始まります。

image1

本ガイドでは、Trustbindをお客様のシステムに導入し、ユーザに安全な認証を提供するために必要な各種情報を記載しています。

本ガイドは ログインボタンを活用するためのSDKの使い方、アクセストークンのユーザへの払い出し方法と認証時の提示方法、および認証時の暗証番号入力画面(M-Pad)を含むmpad.jsライブラリの使い方について説明しています。


本ガイドの使い方


初めて利用を開始される場合は 登録/新しいアプリを作成 の手順にそって操作してください。

既にアプリ登録が完了している場合は、認可フローの解説 からSDK全体の共通する設定項目とユーザ認証プロセスに関する説明をご確認ください。

ログインボタンの始め方 では、お客様サービスの画面にログインボタンを追加する手順の概要をご紹介します。

SDKの使い方 では、ログインボタンと認証プロセスに関する各言語固有の設定手順を解説しています。このセクションでは、 認可フローの解説 セクションを更に深く掘り下げ、各言語に応じた説明を加えていきます。サンプルアプリを利用した基本的なSDKのインストール手順と、アプリ作成時のコードの詳細な説明を行っています。

開発者向け注意事項 本サービスが提供するSDKを用いずにOpenID Connectプロトコルを実装しようとする場合は、issuerURLhttps://api.mpin.io/を設定してください。

最後に、ポータルガイドでは、Trustbind ポータルのダッシュボードを利用して、利用状況の統計やレポートなど、お客様アプリを管理する方法を説明します。

Top